DWE(ディズニーの英語システム)~サラリーマンパパの子育て日記~

サラリーマンパパが娘とディズニーの英語システムに取り組む日々で、感じたこと、印象に残ったことを記録していきます。

おじいちゃんのカバン。

f:id:prettygirlsbs:20170709160738j:plain

今週のお題「カバンの中身」

私は片付けができない困った大人。部屋も散らかっていれば机の周りもとっちらかっている。当然カバンの中もぐちゃぐちゃ。自分としては何がどこにあるかわかっているから困ることはないのだが、いかんせん見た目が悪い。物持ちが良いためか、今使っているカバンは社会人になってからまだ2つ目なんだけど、もう10年たつしなんだか膨らんできたし、そろそろ気分転換に買い換えてみようかな・・・。

子供の頃、母方の祖父のカバンが大好きだった。祖父は出張が多く月の半分近く家を空けていたようだが、娘の嫁ぎ先、つまり私の実家方面にも仕事で訪れる機会が多く、時間が許せば我が家に立ち寄ってくれていた。若い頃を東京で過ごし、仕事でも月に何度も上京していた祖父はいわゆる”ハイカラ”で、当時私が住んでいたステテコが当たり前の田舎では、あまり見かけない出で立ちであった。

そんな”おじいちゃん”が我が家に来た時、我々兄弟の一番の楽しみはお土産。カバンの中からいろんなものが出てくる。おもちゃやお菓子、地方の銘菓やバナナが出てきたり。いろんなものが出てくるのでとにかく興味津々であった。今考えるとダレスバッグからバナナやアンパンが出てくるのもなかなかなことだが、祖父はきっと孫が喜ぶ顔を思い浮かべながらカバンに詰めてきてたのだろう。

我が家に立ち寄った祖父は、食事をとったり少し休憩をしてから次の仕事へと出かけていくのが常であった。一度炬燵で昼寝をしてた祖父のおでこにバナナのシールを貼ったことがある。その日に限って少し寝過ごしてしまった祖父は、鏡も見ずに次の仕事に出かけてしまった。いま家の中でベタベタとシールを貼って回る娘を見ていて、自分は気をつけようと気を引き締めるのであった。

話を戻そう。大好きなおじいちゃんのカバンの記憶があるから、私も自分のカバンを娘に印象付けようと画策したことがある。出張帰りにカバンからおもむろにお土産を取り出して娘に渡す。続けるうちに娘は私のカバンから何が出てくるのか、帰宅するたびにまとわりついてくるんじゃないか??なんて考えていた。しかし実際帰宅するのは娘が寝た後、お土産は翌朝妻から娘に手渡されている。う〜ん。思った通りにいかないもんだな〜。

そんな私のカバンに常備されているのは鎮痛剤。これだけは切らさないようにいつも入れている。若いころ出張先で二日酔いからひどい頭痛になり困ったことがあった。なんともひどい話であるが、それ以来数回分の鎮痛剤を持ち歩くようにしている。最近では二日酔いになるような飲み方をすることがなくなったが、腰痛のため急遽鎮痛剤が必要となることがあり、やはり手放せない一品となっている。なんだか娘に聞かせられる話ではないな。

 

リズムを戻す。

f:id:prettygirlsbs:20170820134052j:plain

朝のお勉強、ちょっとペースを崩していた。妻の協力によりLimeのレッスンを終えたところまでは良かったが、そこから停滞していた。理由は二つ。DWE以外の教材をメインにしたことと、生活のリズムが狂ったこと。

Limeのレッスンは無事に終わったのだが、課題曲の練習にもう少し時間がかかりそうであった。Review 8はThe Acrobats、Review 9はIf I Were Tallで応募する予定で、The Acrobatsはほぼ完成したが、If I Were Tallは来月になるかな?Lime CAPを獲得するのはもう少し先になりそうなので、それまでの間、英検Jr.シルバーの準備でもしようとした。しかし・・・、これが良くなかった。

市販の教科書を買ってきて問題を解いてみると、結構できる。しかし解けなかった問題を教えるのが難しい。日本語で解説してしまって良いのか?新しい単語を教えるにしても、体育、理科、そろばんなど、教えるのが難しい。英検のホームページでブロンズの復習もできるのだが、こっちはマウスの使い方が上手くできず、また時間制限があるとものすごく嫌がって拒絶してしまう。つまるところ楽しそうじゃないのだ。

もうひとつは生活のリズムの乱れ。夏休みの後から就寝時間が21時を過ぎるようになり、6時にちゃんと起きられなくなってしまった。これはいかん。

ということで今週の月曜から20時就寝(実際は20時半ぐらいになるのだが)、6時起床へと生活のリズムを修正し、朝のお勉強を再開した。教材は当然DWE。Greenの復習に戻ることとし、DWE 5から始めている。DWEは相性が良いみたいで、というかやはり取り組みやすいように作られた教材なんだろう、荒れることなく順調にお勉強が進んでいる。それからもうひとつ、今日でレッスン2まで終えたが、前回(今年の1月)やった時と比べると内容の理解が格段に進歩している。すごいぞ!

さらに・・、The Tree in the Holeというイベントなんかでもよく使われるテンポの速い曲があるのだが、この曲が歌えるようになっている!初めてこの曲を聞いた時は、「自分でもこの曲は歌えない、はたして我が娘がこの曲を歌える日が来るのか??」とおののいたものであった。「この曲が歌えるようになって欲しい」と、目標(希望)の一つに掲げてもいた。今年の1月にReview 5の課題曲として取り組むよう娘に勧めてみたが、この時は「これ早すぎて無理だよ」の一言で却下されてしまった。それが・・・、特に練習したわけでもないのに歌えるようになっている。TACの効果??なんだかわからないが、感心しちょっと感動してしまった。

結果も出ているようだし、DWE中心のスタイルは崩さずにしばらく続けていこうと思っている。

 

 

 

ベッド転落事件。

今週のお題「ちょっとコワい話」

f:id:prettygirlsbs:20170804160721j:plain

年を重ねるにつれ”怖い”と感じる対象が変わってきた。お化けが怖かったあの頃が懐かしい。娘を見ていて「そんなものが怖いの?」と、申し訳ないが感動すら覚えることがある。

娘の怖いもの。

年上の男の子(映像)と動物。

とある英語学習DVD教材の事。そのDVDは娘も気に入っていて、それを再生しておくと大人しく見ているので、その間に私も妻も自分の仕事ができる。我が家のテレビはリビングルームにあり、そのソファーに座って娘は見ているのだが、ふと、そのDVDをかけている間に娘が定期的にダイニングルームに駆け込んでくることに気付いた。最初はふざけているのかと思ったが、目線はテレビを見たままで真剣な顔をしている。最初は気に留めていなかったが、毎回、しかも規則正しくそれが繰り返されるので、ある日DVDを一緒に見てみると、10歳ぐらいの男の子がアップで話しかけてくるシーンと、実写のトラが大きく口を開けるシーンで突然娘が逃げ出した。「なんで??」と尋ねると「怖い・・・」とのこと。へー、こういうのが怖いんだ。

暗闇。

就寝時に全ての電気を消して真っ暗にすると、ギャーギャー騒ぎ出す。なぜ怖いのか聞いてみると、「だってお化けが出るもん」とのこと。だけどお化けが怖いのかといえばそうでもない。「ねないこだれだ」を読んで聞かせても全く怖がっていない。大人しく歯を磨かないとき、はしゃいで夜なかなかベッドに入ろうとしないときに、お化けが出るよ!と脅しても、ほとんど効果がない。まだ見たことないからか?よし、今度肝試しでもして脅かしてやろう。

虫。

まだ3歳になる前だったか、庭先でケラケラと笑いながらダンゴムシをいじり回していた。女の子は虫を嫌がるものとの先入観を持っていた私はびっくりしたが、まあこんなものかと、差し出されたダンゴムシから逃れるため垂れ流しの鼻水を拭ってあげた。あれから早2年、もうすぐ5歳になる娘は虫を怖がるようになった。なぜか風呂場やダイニングルームに時折出没するゲジゲジ虫。最初は面白がって「パパ〜やっつけて〜」とか言っていたが、最近は身をよじって本気で嫌がっている。ここのところほとんど家にいなかったが、多分妻が代わりにやっつけてくれてるんだろう。

親。

怖いわけではないのだろうが、妻に強く怒られた時、泣きながら私のところにやってくることがある。「ママが・・・、ママが怒るの」とか泣きじゃくりながらこっちに来ると、役得とばかりに抱っこしている。一方この逆はどうなんだろうか?我が娘は世渡り上手で、「パパとママとどっちが好き?」とこっそり聞いてみても、「どっちも好き」と模範的回答をする。しかし、ママを本気で嫌いになることは決してないだろうが、「パパ嫌い!」の話は世間一般にしばしば耳にする。ただの都市伝説とも思えず、パパの地位は危ういのかと密かに戦々恐々としている。

さて私のちょっとコワかった話。それは娘のベッド転落事件。

我が家のベッドはなかなかの品。まだ娘が生まれる前、腰痛持ちの私が「人生の1/3近い時間を過ごす場所だから」と妻を説き伏せ、かなりなものを購入した。腰掛けるときも楽なように高さもかなり高め。値段に見合った寝心地に妻も満足してくれた。大きなベッドであったが、娘がベビーベッドを離れ3人で一緒に寝るようになると手狭となってきた。寝始めは川の字なのに、必ず途中でHの字になっていく。頭突きやドロップキックで起こされることが頻回となり、これはまずいともう一台ベッドを購入することとなった。3人で寝れるように高さを揃えた廉価品を購入し、隙間なく並べて使っている。廉価品で寝ているのは私だが・・・。

ある昼下がり、私が昼寝をしていると当時2歳の娘がじゃれついてきた。2台を並べて使っているのでかなりの広さがあり、ベッドの上でジャンプして掛け布団に倒れ込むことを覚えた娘は、右に左にとダイブしまくっていた。これは危ないなと、声をかけようとした矢先、後ろ向きにひときわ高く飛んだ娘がそのまま視界から消えた。「えっ??」と「ゴン!!」がほぼ同時。「やばい!」と「ぎゃー」もほぼ同時。凍りついていると妻が飛んできた。「落ちた!落ちた!」を繰り返す私を尻目に、肝の据わった妻は「おーよしよし」と娘を抱っこしあやしてくれた。幸い、かなりの高さを頭から落ちていったにもかかわらず大事に至らず済んだ。

子育ての本で子供が頭をぶつけるのは良くないという記事を読み、大事に大事に育てていたつもりなんだが・・・。子供(特に乳幼児)の安全を確保するのは親の役目、十分わかっているつもりだったが甘いのだろう。布団と比べるとベッドの高さはリスクでしかない。結果が大したことがなかったのでこうして話ができるが、ちょっとコワい話であった。 

なお、この後布団で寝るようになったかというとそうではなく、娘は計3回もベッドから転落することになる。しかし頭から落ちたのはこの1回だけで、この後は落ち方が上手になり、猫のようにストンと落ちるようになった。なんでそんなことができるんだ?

CAP 〜Green 〜

f:id:prettygirlsbs:20170805114608j:plain

Green CAP

BlueのStep by Stepは2016年9月25日に終了したが、Telephone Englishが追いついていなかったので、その間はStep by Step Blueの復習を行った。11月9日にBlueのTelephone CAPにパスし、Step by Step Blueの2巡目も順調に終了したので、11月27日からStep by Step Greenを開始した。

スケジュール

2017年4月末までにGreen CAPをパスすることを目標とした。実際のスケジュールは下記のごとくであった。この頃はまだ週末詰め込み型のお勉強であり、振り返るとかなり無茶なスケジュールだったと思う。消化不良の部分も多かったが、とにかく前に進もう!という方針で進めた。

DWE 4

レッスン 1 Step 1-9   11/27

レッスン 2 Step 1-12 12/8

レッスン 3 Step 1-11 12/18

レッスン 4 Step 1-8   12/30

レッスン 5 Step 1-7   1/2

レッスン 6 Step 1-5   1/3

DWE 5

レッスン 1 Step 1-5   1/15

レッスン 2 Step 1-7   1/22

レッスン 3 Step 1-6   1/29

レッスン 4 Step 1-5   2/5

レッスン 5 Step 1-6   2/11

レッスン 6 Step 1-11 2/12

DWE 6

レッスン 1 Step 1-6   2/19

レッスン 2 Step 1-5   2/22, 3/4

レッスン 3 Step 1-5   3/5

レッスン 4 Step 1-10 3/26, 3/31

レッスン 5 Step 1-7   3/31, 4/2

レッスン 6 Step 1-5   3/25, 4/2

Greenになるとやはり難易度が上がった。Activity BookやRight Light Checkでも時々間違えるようになった。長いレッスンも1日でやってしまおうとするから、2時間近くかかった日もある。集中力が続かず、途中で喧嘩になることも多々あった。泣くこともしばしば・・・、しかし泣いた後の集中力がものすごく、その力で一気に最後まで駆け抜けるような感じであった。よく頑張ったよ。

ただし、DWEのお勉強がだんだん嫌いになっていくような気がして、やり方を変えないといけないと思い始めた。

オーディオCAP

11月からGreenのオーディオCAPを始めた。

Pre Lessonはそれぞれのレッスンに出てくる単語とセンテンスを10個録音する課題。

Reviewはレッスンに出てくる詩の暗唱、または歌をフルコーラス歌う課題。

  • Pre lesson

Pre Lesson 4  11/27

Pre Lesson 5  12/31

Pre Lesson 6  1/31

この頃から録音方法、編集が安定してきたため、録音操作そのものに苦労することはなくなった。後ろで調理してた妻が炒め物を始めたため”ジャー”っていう音が混じり、撮り直しになったことはあったが・・・。

 

  • Review

Review 4 果物の木の詩  11/27

Review 5 サルの詩    1/31

Review 6 Eyes and Ears   2/27

歌はテンポが速くなるとついていけなくなり、”むり〜”とのことで詩を選択した。果物の木の詩はすぐに覚えたが、サルの詩は少し苦労した。Blueの経験から親がきちんと覚えないと教えられないことがわかっていたので、まず自分でしっかりと覚える。詩は教材のCDに入っていないので、DVDが見れない環境では自分がお手本になるしかない。Japanese accentにこだわっている場合ではなく、お風呂の中、散歩の途中などこまめに暗唱し精度を上げていった。Review 6では詩がないので、テンポの遅い歌、Eyes and Earsを選択、これもしっかりと練習し2月にパスした。しかし典型的な月末駆け込み応募である・・。

Step by Stepをやり遂げ、3月29日にTelephone CAPをパスした。

f:id:prettygirlsbs:20170805113606j:plain

振り返って

Blueと比べるとGreenはなかなか大変だった。難易度も上がっているから当然かもしれないが、苦労した大きな理由は下記2点。

  • 予習不足。GreenのStraight-Playがあまり好きでなく、Blueに比べると見る回数が少なかった。TACで予習をしていない。
  • 4歳児にとって週末詰め込みで対応するには酷な内容であった。

詰め込み勉強は当然ストレスとなっており、お勉強を嫌がるようになってきた。

Lime CAPを目指そうよ!と誘ってみても、前回のように”やる!”とは言わず、”え〜、もういいよ”と応える。マズい。そこで改善策を娘に提案した。

  • 少しずつしかしない。でも毎日継続する。
  • 予習をしっかりする(TAC、Straight-Play)。
  • 楽しくする。

しぶしぶだったが納得してくれた。

送られてきたGreen CAPを実際に手にすると、やはり嬉しかったようである。さらにそれを被ってCFKやイベントに参加すると、気分も盛り上がるようだった。

復習に時間を割くべきかプログラムを進めるべきか、少し悩んだが、とにかく前進することとした。こうして朝活と共にLimeのレッスンに突入していった。

 

夏休み。

f:id:prettygirlsbs:20170804161003j:plain

先週末から突入した夏休みももう直ぐ終わり・・・。あっという間だった。

ちょっとした鬱だったのか、あまりに忙しくきつかったので、ここのところ全く文章を書く気になれなかったが、ようやく今日になって少し気力が出てきた。この機会を逃すまいと、ビールの力も借りて机に座ったのであった。

それにしても6、7月の仕事量は異常なものであった。あまりの仕事の忙しさに最初はブツブツ文句を言っていたが、自分のマネージメントで仕事量を調整することもできず、ひたすら”御意”、つまりは降りかかる仕事をこなす以外に手立てはなかった。

不思議なことに、こなしていくうちに徐々にそれが当然と思われてくる。朝7時から18時頃まではノンストップで当たり前、昼食なんてあるはずもなく、せいぜい水分補給ができれば御の字、夕方ようやくカップラーメンかおにぎりを食べてから書類作成、退勤時間は23時。往復2時間の通勤時間を差し引くと自宅滞在時間は6時間程度。昔よくやってたことじゃないか。ただし昔と違ったのは年齢、年をとったことだった。

先週末から夏休みに入り、家族旅行に出かけた。久しぶりに娘とゆっくり過ごせる時間。プールに行って、遊園地に行って・・・と色々思いを馳せていたのだが。体が全く動かない。起きれない。毎日何時間寝たことか。挙げ句の果て旅先でぎっくり腰になってしまった。皆がプールで遊ぶ中、私はベッドで留守番。海水浴も花火大会も留守番。お墓参りだけはなんとか参加したが、娘の”今年の夏”の思い出の中に、きっと私はいない・・・。あー。

前半は本当に、一体何時間寝るんだっていうぐらい”寝て”過ごしたが、後半はベッドに横になっているものの目は覚めている状態、ぎっくり腰のための安静状態で過ごしていた。文庫本を10冊ほど買い込んできて読んだのだが、鬱々とした気分の中ではいまひとつ感動がなく、いつものような”心の糧”になっていく感覚がなかった。それでも城山三郎の「そうか、もう君はいないのか」、池井戸潤の「アキラとあきら」で徐々に心がほぐれていった。そして住野よる「君の膵臓を食べたい」を読んで目が覚めた。ずっと気になっていて文庫本が出るのを待っていたのだが、泣けた。良かった。池井戸潤の「七つの会議」が既読で2度買いだったことに気づいた時のショックも帳消しにしてくれた。「君の膵臓を食べたい」は今映画が上映されているらしいから、この週末にでも見に行こうかな・・。

さてこのブログの本題、娘のDWEの進行状況。

前述のごとく先月私はヘロヘロになっていたが、妻がきちんと娘とのお勉強を続けていてくれた。おかげで7月30日にDWE 9 レッスン5、つまりLimeのプログラムを終了した。最終回だけ私とお勉強、いいとこ取りをさせてもらった。感謝。

あとはCAP獲得に向け歌の録音をしないといけない。先月は応募できなかった。Review 8はThe Acrobatsの予定。これは地道に練習した甲斐があってかなり上達してきた。そろそろ録音できそうかな。Review 9はIf I Were Tallの予定、こちらはまだまだ練習が必要。来週からまた朝のお勉強復活できるかな??Greenに戻って復習をしていこう。

その前に、まずは仕事の配分だな。どうしてくれよう。

夏=恋愛?

今週のお題「私の『夏うた』」

夏を迎える高揚感、いや気分は高まるんだけどなんだか切ない感じ。

歳をとるにつれこの感覚はかなり薄れてきて、たまに思い出してはキュンとなる”昔の感覚”になりつつある。最近は夏であることすら感じる機会が少ないが。

そう、キュンとする感覚。いやジリジリと何かに焦がれるような感覚。中学、高校と田舎の男子校で育った私にはついぞその正体が明かされることはなかったが、おそらく夏=恋の季節、何となく雰囲気は感じとっても実際の恋を経験することのなかった私にとっては、夏=”恋に恋する感覚”だったんだろう。

「夏を迎える歌」については過去に書いてみた。

prettygirlsbs.hatenablog.com

では夏ど真ん中の歌ってなんだろう?すぐに頭に浮かんできたのは昔のポカリスエットのCMだった。


大塚製薬 ポカリスエット CM 一色紗英 1994年 瞳をそらさないで

DEENの「瞳そらさないで」を聞きながら、恋を夢見ていたんだろう・・・。今見返すと切ないを通り越して微笑ましくなってくる・・・。

身動きできないほど虫カゴいっぱいにセミを捕まえて回る弟を横目に、切ない気持ちの正体がわからぬままに、無為な毎日を過ごした私。そして夏はあっという間に過ぎ、盆を過ぎるとひぐらしの季節に。これがまた思いっきり哀愁を誘う。なんなんだ一体、まだ宿題も終わってないのに。思い返せば全く生産性のない、そして覇気のない生活を送っていた。

さて、ではこれからの夏はどうなっていくんだろう。ほとんどは仕事で忙殺されるとしても、妻と娘と過ごす夏休み、何をしよう?お墓参り方々、海水浴に行く予定である。沖まで泳いで、砂のトンネルを作って・・・。当日は地元の花火大会の日でもあり、これを浜辺に座って見るのも今年で3回目。どうか順調に仕事が片付き、無事に夏休みを迎えることができますように!

そして娘にとっての「夏うた」はどんな曲になるんだろう?若い女性歌手への取材記事で”父親が聞いていた音楽の影響を受けて・・・”というのを読んで、娘に私のiPodを聞かせてみたことがあったが全く不評であった。今は保育園で習う童謡に凝っている様子。そんな娘にも恋する時期が来るんだろうなー。

今週のお題PL学園の校歌で話を組み立てようとしていたが、ビールを飲みながら書き始めたらこんな話になってしまった。

そして夏休みのくだりで明日が妻の誕生日であることを思い出した。まずい、何も準備してない。

 

気分転換。

ちょっと下ネタ系の写真が出てくるので、嫌いな方は見ないでください。

 

私のストレス発散法は「食」と「お酒」。

仕事が忙しくなると、精神的なバランスをとるためか暴飲暴食が始まる。後輩、同僚と飲みに出るとかならまだ良いのだが、仕事が終わるのが23時とかになってくると、それも難しい。一人で仕事帰りに発散する。

とある平日の23時50分に食べたのはこれ。24時閉店のお店だったのでギリギリだったが、とにかく駆け込んだ。早く寝れば良いのに何がそこまで自分を駆り立てるのだろう?と若干の疑問もあったが、「食べるぞ!」という衝動の前にかき消されていた。

f:id:prettygirlsbs:20170709101623j:plain

美味しかったけど、翌朝は胃がもたれた。

 

お店が開いている時間に終わらない時は、昼ごはんで発散。これだけ忙しくなってくると昼ごはんを食べれる日もあまりないのだが、食べれそうな時はガッツリいってしまう。生存本能?f:id:prettygirlsbs:20170620213921j:plain

黒烏龍茶は愛嬌。これだけのカロリーの前には無力だろう。

 

最寄り駅の近くにバーがある。阿部寛夏川結衣が出演していた「結婚できない男」というドラマが大好きで、仕事帰りによれる行きつけのバーを作ることが夢であった。

このお店、前回来たのは半年前、今回で2回目なのだが、自分の中では行きつけのバーのつもり。これも23時過ぎ、家に帰る前によってみた。

f:id:prettygirlsbs:20170709104550j:plain

この氷を包丁で削っていく。

f:id:prettygirlsbs:20170709105248j:plain

職人だ。

f:id:prettygirlsbs:20170709105329j:plain

ウイスキーはチョコレートをつまみにするのが良いそうだ。

そもそもウイスキーは、若い頃失恋した時に無茶苦茶な飲み方をしてひどい二日酔いになって以来飲んだことなかったけど、酔いたくて久しぶりに頼んでしまった。まあ、仕事の緊張が続いているので酔えないんだな・・・。

 

22時前に仕事がはけて同僚と飲みに行った時の写真。ビールの肴にソーセージを頼んだらすごいのが来た。

f:id:prettygirlsbs:20170618212913j:plain

男4人で大笑いしながら写真を撮り、知り合いに送っていたら・・・。

f:id:prettygirlsbs:20170618212939j:plain

この同僚、奥さんに「すごいのが来た!」って送るつもりが、間違って仕事先にラインしてしまった・・・。

こうしてみると、残業が月120時間超えても余裕あるな。